カテゴリ

カテゴリ:book

カテゴリ:
最近出たあの小説のことだけじゃなく。です。

どれくらい売れてるか知らないが、iphone の電子書籍とくに小説は高すぎる。

こんなにダメなところがあるのに。

  • ひとに貸せない。

  • B●●K●FFに売れない。

  • 風呂で読めない。(こともないが常識的には無理)

  • メモを書き込んだりできない。(できるアプリもあるかもしれんが)

  • 読んでる最中に iphone の設定によってはレジュームする。または省電力のために暗くなる。

  • フォントサイズを変えることができるので、字送りや改頁改段落が著者の想定したものではない、と思うと損した気になる。(強制改ページとかはあるものがあるようだが)

  • 虚構船団とかのタイプの小説はフォントサイズ変えたらどうなるか想像もつかない。(つくが)

  • 操作や設定が微妙に違っていらいら。

  • なんだこの詰めは?という組版。



いいところ。

  • 片手で読みやすい。(満員電車で新聞ひろげる愚図もiphoneで新聞読むようにすればいいのに)

  • 目が遠い人はフォントを大きくして読んだりできる。(それにしても、行間を個別に設定できるのはなんなんだ。自動で最適値にすべきだろう。)

  • かさばらない。大量に携帯できる。(iphone は持ち歩く前提なので。)

  • 欲しい本を買ったその瞬間から全文読める。(ここよ、、、魅力は。)



ということで、在庫管理も印刷代もかからないのになんであんなに高いのか。
素人考えだと、ただのぼったくりだ。
どうせ後から安くさせるから今のうちにぼったくって置こうという考えが透けて見える。素人考えだが。

ということで、オライリーの和書を速くそろえて欲しい。

そういえば適当日記はおもしろかった。どれくらい売れたんだろう。
これが350円だ。せめて210円くらいだろう。

カテゴリ:
ストレングス・ファインダーってのをやりましたよ。

時間かかるけどなんかそれっぽい結果がでてきて満足。
本はほとんど読んでないので、これから読もう。。。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
著者:マーカス バッキンガム
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2001-12-01
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

カテゴリ:
白い雪のプリンセスは、という曲がニコニコにあがったからではないですが、白雪姫の原作を読みました。

小人の、金や銀を探す仕事というのもよくわかりませんが(ドワーフ?)白雪姫の不死身性が異常。

あと、魔法の鏡の存在。

そして想像を絶するエンディング。

グリム怖い。

カテゴリ:
赤ずきんちゃちゃ、じゃなくて赤ずきんちゃん、の原作読んだ。
だいたい知ってたとおりだったけど、
なんでオバアさんは体が悪いにも関わらず森の奥深くに一人きりで暮らしているのか。

赤ずきんちゃんには少なくとも母親がいる。
などの疑問と情報を得た。

そもそも、腹を裂いても目を覚まさずに寝つづける狼、寝ている間に殺さずに、石をつめて腹を縫い直すという殺し方。
何か意味がありそうで怖い。
グリム怖い。

カテゴリ:
志集 - Google 検索
ついに新宿で有名な志集を買ったよ!
新宿といえば、新宿の目と志集。
無断転載撮影引用はできないので、内容については詳しくかけませんが、志集売りの人を初めて見た人が思わず想像してしまうような電波なものでは無い。
こういうのが今でも買えるなんて、時間を逆行した感覚を味わえた。

買うのに勇気が要るようにも思うけど、300円片手に近づいて、「ししゅうください」って言えばいいだけ。気になってる人は買ってみてはどうか。

20:30くらいからこのへんにいると思います。奥の柱のあたり


大きな地図で見る

カテゴリ:
やっとシリーズ全部読了したが、短編全部含めても自分の脳みそでは熔けない謎、というか明言されてなくて想像するしかない問題が残る。
でもこのまま謎のままにしておいて、また読もう。と思った。
一度読んだ小説をまた読むなんて、筒井康隆以外では初めてかもしれないな。

カテゴリ:
映画のスカイクロラをいまさらながらみました。
あれ?
超おもしろいんだけど・・・。ていうか、押井監督の欝感がほんとうに気持ちよく感じれるのって30台以降だよねー。
それにしてもヤバイ。原作読もうなんだぜ。。。
.
いや、これはブルーレイでもう一回見たいなあ。



困りません、ファインマンさん

カテゴリ:
ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
  • 自分がユニークな存在になる得意 ファインマンさん
    ファインマンさんの自伝というかエピソード集「困ります、ファインマンさん」。
    その中に「勉強して知的好奇心を満足させるだけでなく人の知らないことを知ることで自分がユニークな存在になる得意さ」みたいな記述があり、とても納得。
    人間だれしもユニークな存在になりたがっているんだろうなぁ。ファインマンさんほどユニークになれる人はそうそう居ないが。
    ファインマンさんの本は全部おもしろいので全人類にオススメ。

このページのトップヘ

見出し画像
×